7月25日は…

2016年07月25日

皆さんこんにちは。院長の加藤です。

暑い日が続きますね。

子ども達は夏休みに突入し、楽しい日々を過ごしているでしょうか。

 

さて、本日7月25日がなんの日か、皆さんご存知でしょうか?

夏に欠かせないあの食べ物…

かき氷の日、なのです!

かき氷は、夏氷とも言うので

7(な)2(つ)5(ご)おりの語呂でかき氷の日なのだとか。

かき氷を食べた後は歯磨きをしましょう!という話…ではなく

なんと7月25日は他にも制定された『〇〇の日』があります。

それは…

 

知覚過敏の日!

 

知覚過敏とは

冷たいものなどを食べた時に、歯がキンとしみる、あの現象のことです。

シュミテクトでおなじみのグラクソスミスクライン株式会社が

知覚過敏の危険性を広めるために7月25日を知覚過敏の日に制定したそう。

知覚過敏になっても「ただ歯がしみるくらいなら大丈夫」と思いがちの方が多いですが

知覚過敏は様々な原因が基で引き起こされます。

歯ぎしりや歯周病など、あまり自分では気づきにくいことが要因となることも。

少し古いデータですが下記URLに知覚過敏について書いてありましたので

ご興味ある方は一読ください。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000001269.html

 

ということで、7月25日は知覚過敏、かき氷の日!

かき氷を食べて歯がしみたら、かかりつけ歯科で是非一度相談してみてください!