かかりつけ医等在宅医療推進研修会に参加してきました

2016年12月13日

皆さんこんにちは。院長の加藤です。

今年も3週間を切りましたね!

もう19回寝るとお正月。その前にクリスマスでしょうか?

 

12月11日(日)

広島市役所の地域包括ケア推進課の方から紹介いただいて

広島国際会議場で開催された

『かかりつけ医等在宅医療推進研修会』に参加してきました。

300人弱の、医療・介護関係者が集まられており

その関心の高さを目の当たりにしました。

 

「おおむね在宅、ときどき入院」というサブタイトルがついていましたが

それが出来れば、患者さんご本人も、ご家族も

今よりもう少し気軽に『自分の家』で過ごすことができるのではないかなと感じました。

 

厚生労働省老健局振興課長の三浦明さん

医療法人社団実幸会 いらはら診療所院長の苛原実先生のご講演を聞いて

現場がどうなっているのか

それを受けて行政はどのように考えているのか

が、少し垣間見えたかなと思います。

 

広島市も地域包括ケア、在宅医療の推進が行われていくことと思います。

その一助となれるよう、しっかり勉強しきたいと考えております!

 

img_7347